DSC04899

 

先日、アベイルさんから新発売されたABU 2500C用 ウルトラライトレベルワインダーセットパイロットガイドキャップ
対象機種が1500Cも含まれるので、早速、購入してテストしてみました。

元々、アベイルさんから販売されているパーツはフルに組み込んであり、うちの「大岩魚」との組み合わせでは全く問題なく1.5gがキャストでき、すこぶる調子は良かったのですが、フルタイムシンクロのレベルワインダーを持つ機種の長所でもあり短所でもあるレベルワインダー機構の要であるレベルワインダーが軽量化できるとあっては試してみない訳にはいきません。(笑)

ついでに前から気になっていたカーボンドラグもAbu用と五十鈴用を用意して、一緒に組み込んでみます。

とりあえずは純正のレベルワインダーを外して重さ比べ。

DSC04897
正直、全く違います。これで効果がなかったら嘘でしょって位に違います。とりあえず、研磨等はせずにそのまま組み込んでみます。
一緒にカーボンドラグも組み込んだのですが、若干純正ドラグよりも厚みがある為、シムを一枚抜いて調整しました。

DSC04896

一緒に頼んだ五十鈴用のカーボンドラグもBC431SSS-Tに組み込んでいきます。こちらは厚さもほぼ変わらず、そのままで組み込めました。
ただ、ちょっと前から気になっていた事があったので、ついでに全パーツを外してフルメンテを行い、懸案箇所を調整しました。

で、夜に組み込んだので、翌朝、家の前でキャストテストをしてみたのですが。。。。

正直、2台共、あまりの変貌ぶりに驚き過ぎて笑いがでてきました(笑)

Abuの方は、ダイワさんのTウイングを組み込んだかの様なキャストの感覚です。ほぼというか全くラインに対する抵抗を感じません。
1.5gや2gのルアーがぶっ飛んでいきます。1.5gのルアーをよっぽどの強風の向かい風の中で投げない限りバックラッシュも皆無でした。
今までのリールとは全くの別物と言ってもいい位の変貌っぷりです。
勿論、初速が上がるだけでなくキャスト後半での糸の伸びも今までより顕著に感じられますので、渓流でのアドバンテージを得られる事、間違い無しです。
ある程度、想像はしていましたが、やはりスプールの回転時に抵抗になる箇所の軽量化なので抜群の効果が得られました。

このレベルワインダーを組み込んだ1500Cは、レベルワインダーのフルシンクロ機の中で、確実にトップクラスの性能を得られます。(勿論、これだけを組み込んでもダメですよ(笑)トータルで仕上げてください)
最近の扁平リールと合わせても、かなりいい所に行くと思います。騙されたと思って、売り切れるまでにお買上げください(笑)
このパーツはAbu1500Cや2500Cシリーズをお使いの方には必須のパーツになるかもしれませんね。

で、BC431SSS-Tはと言うと。。。

カーボンドラグを入れただけであれば、釣りに行かないとテストが出来ないのですが、懸案箇所の調整が上手くいったかどうかキャストテストを行ってみます。さっきまでAbuを触っていて、あまりに良かったので「きついかな〜。。。」と、思っていたのですが、、、、

こちらもバッチリ調整がハマりました!!

今までは、シンキング系のルアーにベストという感じだったのですが(ちゃんとメンテして調整していれば軽量ルアーも飛びます。使えないという事ではありません。お間違いなく。。。)、明らかに軽量ルアーでの飛び方が変わりました。
Abuの方にはマグネットブレーキを入れているので、ピーキーさは欠片もないのですが、BCシリーズは遠心ブレーキなので今までなら少し慎重に投げていたのですが、、、、、その必要も無くなりました。

どの様にセッティングしたかというと。。。。

「ノーブレーキ(サミングしないという意味ではありません。ブレーキブロックを1個も出さないセッティングの事です)で、バックラッシュしない」というセッティングです。

普通に考えるとあり得ないセッティングなんですが、フルタイムシンクロの機構を持つリールであれば調整次第では可能になるセッティングです。
1個もブレーキを出さないとルアーの飛び方は、全く変わります。(元々、ノーブレーキで投げる事の出来る方であれば解って頂けると思いますが。。。)
上手くグリス等を使ってシンクロ機構そのものにブレーキの変わりをさせてしまう為の調整を行いました。具体的な方法はまた今度。。。。(笑)

こちらもやはり1.5gや2gのルアーが簡単にぶっ飛んでいき、糸の伸びも感じられるセッティングになりました。
「ほんまに〜?」という方もいらっしゃると思うので近々、動画でも撮ってきます。(笑)
Abuと比べると、まだ重量物(レベルワインダー)が換装されていないのに、この飛び方をしているので伸びしろは五十鈴リールに軍配が上がりそうです。
*アベイルさん、是非、販売をお願い致します!! 販売されたら絶対、買います(笑)

BCも良く飛ぶ様になったとはいえ、現状ではAbuが少しリードしている感じです。(飛距離で1m強程度の違いなんですが、マグネットブレーキを1個とはいえ効かせた状態で楽に使えるのがアドバンテージになっています。)
正直、2台共が、今までとはステージが一段階上がったと思える仕上がりになっています。

Abuを渓流でお使いの皆さんは是非、売り切れる前にお買上げ頂いて、お試し下さい!!
必ず効果を体感できると思いますよ!!

五十鈴リールのセッティングに関しては、ユーザー様であればお教え致しますので直でメールかメッセージを送って下さい!!
ユーザー様以外の方は、、、、ちょっと暫くは試行錯誤してみて下さい(^^;; 気が向いたらセッティング方法もブログにて公開致します。
*まぁ、そんなに大層な調整ではないので、少し詳しい方なら直ぐにできると思います。いろいろ楽しんでみてください!!